塵も積もれば山となるポイント交換

私はアンケートサイトやポイントサイトで、わずかなポイントを少しずつ貯めています。

アンケートなどは大体答えても50銭から、支払いが良いサイトでも20円くらいしか報酬にならないのです。

それでも、暇なときにコツコツ答えていると、いつの間にか結構ポイントが貯まっていたりします。

最近、バイクの故障で修理代やシートカバーの張り替えが必要になりました。

その上、車体の雨除け用のカバーが老朽化でビリビリに破けてしまい、買わなきゃならなくなりました。

ちょうどポイントサイトでたまったポイントが、あるネット通販サイトの商品券に交換できるとわかりました。

なので、早速交換して、バイクのシートカバーや車体用のカバーを購入したため、現金負担は数百円で済みました。

お陰で、お得にバイクのメンテナンスをすることができました。

アンケートに答えたり、ちょっとしたポイントをもらえるゲームに参加しても、確かにその場は二束三文なのですが、塵も積もれば山となります。

なので、いざ貯まると何か必要な物を買いたいときに、大変お得に買えることもあります。

あまり効率的な方法とは言えませんけどね。

でも、コツコツ貯めて少しでも生活の足しになるよう、今後もちょっとしたお得を積み重ねていこうと思っています。

また、最近は通販サイトも安値の商品も送料が無料だったり、良心的なサイトが多いのでとても助かります。

そういった情報を合わせて収集し、倹約節約をして、よい買い物をしていきたいです。

また、アンケートに答えることで、自分の意見が企業の役に立つこともうれしく思いました。

 

 

スノーボードは意外とお金のかかるスポーツです

スノーボードは、子供の頃から親に連れて行ってもらったりと割と身近なスポーツでした。

自分でも行ける歳になり、冬はいっぱい行くぞと意気込んでいました。

ですが、住んでいるところがスキー場のある地域ではなく、夜行バスか自分の車で行かなければならないのです。

夜行バスは他の人もいるし、荷物も限られる、一番気になるのがリラックスできないというところです。

バスに乗っている時間が長いので、疲れている帰り道では寝れますが、行き道は楽しみな気分や緊張感などでとても寝れません。

最近では、バス会社の労働問題による事故などもニュースで見かけるので、心配も大きくバスは使わないようにしています。

最近、自分の車を買いました。

スノーボードに行けるように四駆の大きい車を買いました。

スノーボードをやらなかったら、フォルクスワーゲンゴルフを買ったと思います。

友人が乗っているのですが、一度運転させてもらって気に入りました。

しかし、そのフォルクスワーゲンゴルフも査定に出すそうです。

なんでも、今度はトヨタの四駆に買い換えるとか、査定額が高いといいなぁって言ってました。

ちなみに、住んでいる地域では一切雪が積もらないためスタッドレスタイヤが別で購入する必要がありました。

私が買ったのは大きな車なので、タイヤサイズも大きく値段が高かったです。

それに加え、高速料金も高いし、燃料費も必要です。

スキー場のリフト代もかかりますし、スキー場でのご飯代も高く設定されています。

自分のウェア、板、ゴーグルやソックスなど細かいものもすべて揃えるとなると金額も大きくなります。

子供の頃は親に連れて行ってもらっていてお金の面など気にもなりませんでしたが、実際自分で行くとなるとなかなか多い回数行くとなると大変だなと実感しました。

ですが、雪山の頂上から見る景色は毎回感動します。

上達してきて技なども決まれば気分も良いです。

頑張って仕事をし、スノーボードの為のお金を稼ぎ、ウィンターシーズンスノーボードを目一杯楽しみたいと思います。

 

 

写ルンですの再来?レトロな写りにハマっています

私のここ最近の趣味はカメラです。

ここ最近までカメラ女子がブームを巻き起こし、街中で一眼レフを持ち歩く女性も多くなりました。

一昔前とは違いカメラの機能性は向上し一眼レフカメラでありながらメモリー内蔵なのでフィルムを気にせず何枚でもきれいな画質の写真が撮れるようになりました。

値段もお手頃なものから本格的な値段の物まで幅広くなり、カメラを趣味とする世代の幅も広がったように思えます。

また、若い世代で今ブームとなっているのが写真SNS「Instagram」です。

自分の近況を文字ではなく写真で発信する新しいSNSです。

たった1枚写真を投稿することで日記感覚でその日のことをみんなに発信できるお手ごろさが人気のようですね。

また、タグ機能もついているので、関連するタグをつけて投稿すれば同じ趣味を持った人との交流が簡単にできるのです。

写真には位置情報をつけることができるので、お勧めしたいカフェやレストランの位置情報をつけてお店をPRすることだってできます。

ここ最近ではstory機能が追加され、自動的に24時間で消える投稿ができるようになりました。

1日のこととして記録するまでではないけれど、みんなに今どうしているかを発信したい!という若者はこの機能を存分に楽しんでいます。

このようにカメラブームの再来?をもたらしているようです。

しかし私が趣味としているのは写真をSNSに投稿することではなく、カメラで写真を撮ることです。

一眼レフで画質の良い写真を撮ることが好きでしたが、最近はレトロな写りにハマっていて、常に持ち歩いているカメラといえばあの懐かしの「写ルンです」です笑

この「写ルンです」はフレーム式のカメラで1つ600~800円ほどで手に入ります。

あのフレームを巻く感覚や残り何枚写真が撮れるかソワソワしてしまうのも懐かしく感じます。

このカメラで撮った写真は決して鮮明とは言えませんが淡い色合いのおしゃれな1枚が撮れます。

この「写ルンです」で撮った写真をSNSにアップするまでが私の最近の趣味といっても過言ではありません。

しかしこの「写ルンです」購入の時の価格はお手頃ですが、いざカメラ屋さんに持って行って現像、もしくはデータ化となると割と高い。

今までデータをパソコンに移すだけの自分の時間と労力だけだった作業が1枚30円~で計算されるようになりました・・・。

現像した写真を家に持ち帰ってプリンターでスキャンすることもできますが、手間が多くなった気分で、私はいつもケチしてデータ化だけにとどめています。

白井田七 更年期障害でも、やはり味のある写真というのは別に費用がかかっちゃうものだなあとつくづく実感しました。

このインスタントカメラ、現像にお金がかかるのが嫌な方にはチェキをお勧めしています。

一見、おもちゃのようなカメラですが、ちゃんと写真も撮れるし、その場の明るさによってフレームを変えられる機能もついています。

それに、何にせよ撮ったその瞬間に写真が現像されるので、小学生~中学生の女の子だけでなく、おしゃれ好きな女性の間でもひそかにあやっていますので、是非チェックしてみてください!

 

 

 

大人としてのマナーを身に着けるために教本を買いました

最近、仕事の場でも多くの人と関わることが増えたり、インターネットを経由して、たくさんの方々と会議する機会が増えてきました。

また、友人が結婚をしたり新居を立てたりとイベントも増えてくるような年になりました。

そうなると、やはりひとりの大人として常識のない人だって思われたくないな、と思ったりしました。

そして、マナーを知っているのと知っていないの、自分や相手が恥をかかないようにしていくためには、絶対に身に着けておかなければならないことだと思い、最近マナーの教本を購入しました。

まだ、買って日が浅いために導入の部分ほどしか目を通すことができていませんが、イラストでわかりやすいといわれる教本を買ってみました。

さらっと読むだけでも、今まで自分の知らなかった大人としてのマナーを知ることができました。

例えば、基本中の基本ですがビジネスにおけるファッションの基本や、立食会や高級料亭での服装、食べ方のマナーなどものっています。

加えて、わたしもあまり得意ではないのですが、敬語の使い分けや上司の言葉にどう返すことが礼儀正しいといえるのか、など実践に役立つばかりのものがのった教本を購入することができました。

はぐくみ葉酸効果なしじゃないけど、自分が丁寧に言ったつもりだった言葉が実はとても歪だったりします。

また、現代ではあまり気にされていないようなことでも年配の方は気にするものだったり、改めて知ることも本当におおくあります。

これを読んでおくことで、全くの常識知らずから脱却できると思うと、もっと真剣に身になるように読んでいこうという気になりますね。

どこへ出ても恥ずかしくない大人になっていきたいですね。