葉酸を不足なく補うことが重要

妊娠中に葉酸という栄養素をあまりとってなかった場合、赤ちゃんの健康に影響がでるかもしれません。

なぜなら、葉酸は地味な栄養素なんですが、胎児がすこやかに育つのを助け、細胞分裂を促進する効果があるからです。

葉酸は通常の食事からでもそこそこ摂取できるのですが、妊娠初期には赤ちゃんの脳や神経の形成に大変重要な働きを担う成分として絶対に必要なものなんです。

したがって、妊娠中は葉酸サプリでもいいので、葉酸を不足なく補うことが重要なのです。

しかし、赤ちゃんと母体のために、葉酸は欠かせないといわれ、効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうと全身にわたる副作用が起きることもあります。

その主な症状としては、食欲不振、吐き気、じんましん、発熱などで、その人の体質や摂った量によってもいろいろな副作用が起きます。

ですが、最悪の場合は、胎児にも副作用がおきることもあるようです。

妊娠中は通常のほぼ倍の葉酸量を摂らなければならないのですが、過剰摂取にも害はあるので、baby葉酸サプリであっても摂取量は厳守しましょう。

葉酸という栄養素は、ほうれん草やブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにいっぱい入っています。

ですが、毎日意識してこれらの食品から摂取するのは結構手間だし大変なので、baby葉酸サプリメントなどから摂取すれば効率的です。

ちなみに、不妊症の起こりの一つとして、内臓や血行の悪さからくる冷え性があります。

冷え性を根本的に解消する為には、食事療法をゆっくりおこなう事が大事です。

例えば、身体を芯から温めてくれる生姜や根菜などを意識的に食事の中に取り入れ、体を冷やす原因となる食品を回避する事も大切です。